鈴木葬儀社 手作りの葬儀なら鈴木葬儀社 代鈴
私どもはこんな会社です こんな事もしています 価格に関する考え方 葬儀に関する考察など 人体の死を科学します 悲しむ作業 葬儀に関する色々な情報
死去した場合どうするか?

家族等が死去された場合などに取りあえず行うべきことを、ご説明させて頂きます。死去された場合に数時間の内に行う内容となります。(順番は入れ替わる場合もあります)

病院等の医師が常駐している施設での死去

危篤の場合など病院などより連絡がきます。

担当医診断担当医が診断を行います。
死去されたかどうかの診断がされます。

清拭移動清拭を行い、霊安室に移動となります。
病院によっては、霊安室に移動しない場合もありますのでご確認下さい。
葬儀社は決まっているのか、又は誰がご遺体を何時頃にお迎えにくるか病院は聞いてくる
と思われます。依頼する葬儀社に確認をしますと伝えて下さい。

死亡診断書発行担当医が死亡診断書を発行してくれます。
夜間の場合などは、翌日になる場合もありますので慌てずに確認して下さい。
*死亡診断書は、火葬を行う為に必要な火葬許可書の取得に必要な重要な書類です。

葬儀社へ連絡葬儀社へ連絡をして下さい。
ご遺体をどちらに安置するのか等をご家族で決めて下さい。お迎えにあがれる時間を伝え
てから寝台車で、お迎えに上がります。
自宅安置が不可の場合など、弊社霊安室や火葬場霊安室に安置が可能です。

*ポイント!
ご遺体をいつ誰に依頼して搬送すのるかや、どちらに安置するのかを決める事。
病院出入りの葬儀社に、ご遺体の搬送のみを依頼する事も可能です。

自宅等の医師が常駐していない場所での死去

担当医が近くにいる場合などは直ぐに連絡を行って下さい。いない場合には、救急車を呼ぶ事になると思われます。

担当医へ連絡様子がおかしいと思われましたら、慌てずに直ぐ担当医に連絡をして下さい。
本当に死去されたかは担当医が判断をされます。

死亡診断書発行担当医が死去の診断をされますと、死亡診断書を作成してくれます。
まれに死亡診断書の雛形をお持ちでない医師がいます。その場合には、葬儀社へ連絡の
際に死亡診断書のフォームを下さいと依頼して下さい。

葬儀社へ連絡葬儀社へ連絡をして下さい。
ご指定の場所へ伺い、ドライアイスの処置などを行います。その後、詳しい相談をさせて
頂きます。

*ポイント!
担当医に速やかに連絡を行い、診断をして頂くこと。

明らかに死去から時間や日数がたっている場合

明らかに死去している場合には、警察に連絡を行い、そうでないと思われる様でしたら救急車を呼んで下さい。

警察へ連絡警察に連絡をして下さい。
警察が到着するまで何にも触らずに待機して下さい。もし、葬儀社が決まっている様でし
たら待機中に葬儀社へも連絡をして下さい。

警察の指示警察が現場を確認してから指示をしてくれます。
通常検死を行う事になります。ご遺体は、移動するかしないかは警察次第です。
検死官が到着するまで待機等して下さい。大体の検死を行う時間を警察が教えてくれます。
検死の結果次第では解剖が必要になります。その場合には、監察医務院へ搬送となり棺が
必要になる場合がありますので経過を葬儀社へも連絡をして下さい。

その後の段取その後
検死の結果、その場で死因が特定された場合は死体検案書を渡されてご遺体を引き取ります。検死で死因が判らない場合には、監察医務院へ搬送となり解剖となります。医務院への搬送の車両は、医務院が用意します。また、解剖後に指定場所まで遺体を搬送をしてくれます。

* ポイント!
現状を保存して警察に連絡・検死の場所と時間を確認・葬儀社へ連絡。


上記の内容で、取りあえずの対処が可能ですが、全てに対応出来る訳ではありません。
基本的には、事前に葬儀社と話合いを持っていた方がスムーズに運びます。