鈴木葬儀社 手作りの葬儀なら鈴木葬儀社 代鈴
私どもはこんな会社です こんな事もしています 価格に関する考え方 葬儀に関する考察など 人体の死を科学します 悲しむ作業 葬儀に関する色々な情報

智慧の完成・般若心経

人間にとっての究極的な悩み・苦しみとは、どの様なものなのでしょうか?
それは死なのでしょうか?
しかし、死より苦しい事もあるだろうから死は苦からの解放でもあるかもしれない。
ならば何が苦なのだろうか?
「生老病死」とは、生まれて・老いて・病気となり・死ぬ事で、人間の営みそのもの。
その中で、少ない幸せを感じて人間は生きていく、人生で少しの幸せと多くの苦しみを経験しながら...
とするならば、生まれて死ぬまでが人間にとっての苦しみなのかもしれない...

完全なる智慧

宇宙を構成する全ての要素は単一で存在しているのではなく、お互いに依存している仮の状
態であり、実体を持って存在しているという訳ではない事を理解して下さい。
これを理解する事によって、全ての悩み・苦しみを越える事が出来きるかもしれません。

物質は宇宙を構成する要素が相互に依存しているから成立しています。物質は、単一で実体があるのではなく現在の仮の姿なのです。私たちが感じている感覚、表像(知覚作用)、意思、知識(観念)も同様なのです。

この諸々の森羅万象を規定している一切の規範・法則は、相互依存であって発生する事もなく、消滅する事もありません。又、汚れる事も・清らかな事も・増加する事も・減少する事もないのです。

ですから、物質も精神作用も人間の感覚を作りだしている全ても、そしてその知覚作用の対象となるもの・目に見える全ての領域も・意識化されうる全ての領域も実体としてはないのです。

本当の真実に至ることが出来ない根源的無知も・その逆である悟りの状態も・根源的無知を出発として最終的に発生する老いと死も根源的無知がないからないのです。

生老病死の苦るしみ・その苦しみの原因である執着・苦しみの制御・苦しみを抑える方法も
ありません。完全なる智慧自体もなく・又、完全なる智慧を得たという事すらもなくします。
この様な、囚われの無い心の境地に至ったからこそ完全なる智慧に依るのです。

ですから、心にわだかまりがありません。心にわだかまりが無いから恐れる事もありません。
全ての真実に反する見解である夢・幻から遠く離れ、執着を完全に滅した心の境地を極めます。過去・現在・未来の目覚め悟った人々も、完全なる智慧によって、この上ない正しい目覚めを得たのです。

ですから、知ってください。完全なる智慧は、これ以上比べる事ができない真の言葉なのです。
本当に全ての苦しみを除き、真実にして偽りではない完全なる智慧の言葉を伝えます。


般若心経1 般若心経2 般若心経3
般若心経4 般若心経5 般若心経6



只々生き、只々死んで生きなさい。
宇宙は貴方の一部であり、貴方も宇宙の一部、我という存在は単一で存在している様に思うだけで真実は宇宙の一部。
肉体的な死は終わりではなく、貴方は生まれたのでもなく消滅するのでもなく、相互依存の仮の状態が刻々と変化しただけ、貴方は宇宙そのもの、宇宙は貴方そのもの。

そして、先に往った貴方の愛する人々は貴方の回りのいたる所に存在し、貴方の一部も愛する人であり、愛する人の一部も貴方自信なのだから。

般若心経