鈴木葬儀社 手作りの葬儀なら鈴木葬儀社 代鈴
私どもはこんな会社です こんな事もしています 価格に関する考え方 葬儀に関する考察など 人体の死を科学します 悲しむ作業 葬儀に関する色々な情報

生死に序あり

父死 子死 孫死


父死 子死 孫死 父死子死孫死 臨済宗
和尚 禅宗 江戸時代 父死子死孫死1 父死子死孫死2
父死子死孫死3 父死子死孫死4 父死子死孫死5 父死子死孫死6 父死子死孫死7
父死子死孫死8 父死子死孫死9 父死子死孫死10 父死子死孫死11 父死子死孫死12
父死子死孫死13 父死子死孫死14 父死子死孫死15 父死子死孫死16 父死子死孫死17


ある人が、和尚にめでたい書を書いてほしいとの依頼依頼したところ、和尚が書いたとのこと。 一見しただけでは死・死・死と全くめでたくありません。

しかし、 和尚は子が父より先に死ぬ事は父(親)にとっては非常に悲しい。また、孫が子より先に死ねば父も子も悲しい。しかし、「父死・子死・孫死」の様に、この順番で死んでゆくのなら自然の理に従っていて一家の繁栄を表していると言われたそうです。

その背景には、禅の思想があります。禅では、肉体的な制約を受けない真我を主体としていますので、死は旅の途中の様なことであるとの背景があるのです。

仙p和尚
江戸時代後期の臨済宗のお坊さんです。1750年、美濃国武儀郡で生まれ1760年に清泰寺に入り、その後1768年に月船禅彗へ従事しました。
1789年から1811年までの22年間を聖福寺の住職としてすごしています。自ら見た目は良くはないと言っていた様で、聖福寺に住職として赴任してきた時には小坊主に乞食坊主に間違えられたりもしたとの逸話も残っている様です。また、多くの絵を描いたことでも非常に有名な方です。1837年に88歳の生涯を閉じられました。