鈴木葬儀社 手作りの葬儀なら鈴木葬儀社 代鈴
私どもはこんな会社です こんな事もしています 価格に関する考え方 葬儀に関する考察など 人体の死を科学します 悲しむ作業 葬儀に関する色々な情報
癒される為に

人は、どの様に癒されていくのでしょうか? 宗教などの信仰の為でしょうか? それとも時間が解決してくれるのでしょうか?  正直、私どもには判りません。
それぞれの人々の心での受け取り方で、物事は全く正反対に映る事がある様に、白か黒かと決めつける事は私たちには出来きないから...

何かのきっかけで、悲しみや苦しみから解放されるかもしれません。
何かに気づくのか、何かに気づかせてもらうのかは判りませんが、何かの「気づき」を得る事が出来れば癒しに通じるのではないでしょうか?

私どもが出来る事は、フランス人外科医アンブロア・パレーが言った言葉と重なると思う時がよくあるのです。

to cure sometimes, but to relive often,and to give comfort always.1 to cure sometimes, but to relive often,and to give comfort always.2 to cure sometimes, but to relive often,and to give comfort always.3
to cure sometimes, but to relive often,and to give comfort always.4 to cure sometimes, but to relive often,and to give comfort always.5 to cure sometimes, but to relive often,and to give comfort always.6
to cure sometimes, but to relive often,and to give comfort always.7 to cure sometimes, but to relive often,and to give comfort always.8 to cure sometimes, but to relive often,and to give comfort always.9