鈴木葬儀社 手作りの葬儀なら鈴木葬儀社 代鈴
私どもはこんな会社です こんな事もしています 価格に関する考え方 葬儀に関する考察など 人体の死を科学します 悲しむ作業 葬儀に関する色々な情報
感謝と祝福

葬儀の時間と空間は、ただ単に悲しむだけにあるとは考えないで頂きたいのです。
葬儀に参加される場合、某かの縁を持っていたからこそ葬儀に臨むと思われます。

葬儀には色々な役目があると思われますが、ここでは二つの言葉に注目しています。
その二つの言葉とは「感謝と祝福」です。
悲しみの場である葬儀には、不似合いで違和感をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、私どもはその様には考えていないのです。

葬儀は、どの様な考え方や信仰をお持ちだとしても「人生における惜別」であることは、間違いのない真実だと思います。

そのお別れに際して、故人様に「伴侶として共に過した」、「子として育てて頂いた」、「仕事でお世話になった」、「友人として人生に彩りを頂いた」など、心より「有り難うご座いました」と感謝申し上げる機会ではないかと思うからです。

感謝申し上げる

また、人生は波瀾万丈であり、荒波の大海原を一人一人が小舟で渡る様なもので簡単ではありません。色々な失敗や成功があり、努力や我慢をされた事だと思います。
それ故に、一生懸命に生き抜いた故人様の人生を肯定し、祝福する機会でもあると思うのです。

祝福する

葬儀は悲しい場であるのは事実です。悲しむべき時には、多いに悲しんで頂きたいと思います。しかし、同時に故人様に出会えた事に感謝申し上げ、且つ一生懸命に努力して生き抜いた故人様の人生を祝福して頂きたいのです。