鈴木葬儀社 手作りの葬儀なら鈴木葬儀社 代鈴
私どもはこんな会社です こんな事もしています 価格に関する考え方 葬儀に関する考察など 人体の死を科学します 悲しむ作業 葬儀に関する色々な情報

葬儀の意味

葬儀において宗教は重要な位置をしめており、その宗教の教義によって葬儀の意味も異なると思います。それぞれの宗教を信仰している方は、教義をご存知だと思いますが、簡単ですが葬儀の意味をご説明させて頂きます 。

仏教


天台宗
天台宗の葬儀は、顕教法要の法華殲法(法華経読誦することで煩悩を薄くし滅罪する作法)と例時作法(阿弥陀経を読誦することで往生極楽の指南とする作法)および、密教法要の光明供(阿弥陀如来の来迎を得てその指導の下に故人を引導して仏となす作法)の3種の儀礼によって営まれます。
顕教とは、仏法を理解しやすいように言葉・文字を用いて説いたものです。密教とは、仏と自己とが一体であることを念じて仏の加護によって仏の境地に達しようとする秘法の事です。 天台宗では顕密一致を説き、供養する遺族・縁者、供養される故人が一体となり、仏の本性を開発し、共に仏道を成じていく事が天台宗の葬儀の本質であるとされている様です。


真言宗
弘法大師の作と伝えられるご詠歌「阿字の子が 阿字の古里 立ち出でてまた立ち帰る 阿字の古里」は、真言宗の葬儀観を端的に物語っています。
「阿」は梵字で書かれ、大日如来とその生命を表します。つまり葬儀は大日如来の阿字へ還ることを示します。したがって、亡者(死者)を宇宙生命の本源である大日如来の大生命に包まれている弥勒菩薩の浄土である「都率天(都率浄土)」へ還帰させることが葬儀の精神となる様です。


浄土宗
浄土宗の葬儀は、死者を仏の弟子として、仏の本願により阿弥陀仏の浄土である極楽浄土に往生する事を教え導き、本来の住処、生命の根源である極楽浄土へ立ち戻る凱旋式として行うと考えられます。
このために参列する者にも、深い悲しみのうちにも自らの死の意味を問い、清浄な心で仏の教えに耳を傾け、受戒し新しく仏の弟子となった亡くなった方と共に、一心に念仏する生活に生きる決意をする契機となる事を願っています。


浄土真宗
葬儀は故人に対する追善供養回向の仏事や単なる告別の式ではなく、遺族・知友(遺族・親族・知人・友人)が相集い、故人を追慕しながら、人生無常のことわりを聞法して、仏縁を深める報謝の仏事である(浄土真宗本願寺派葬儀規範勤式集より)
浄土真宗は阿弥陀如来の誓願により浄土に往生させて頂くとの信仰を持つ往生即成仏の教えです、葬儀は単なるお別れの儀式ではなく、また会う事を約束する儀式となります。
浄土真宗本願寺派の葬儀のやり方


臨済宗
臨済宗の葬儀は、端的には「亡者(死者)が仏弟子となり、修行の道に入り、自己の仏性に目覚めることを願う儀式」です、従って死者を仏弟子とする為の受戒と、仏性に目覚めさせるための引導が葬儀式の中心をなします。


曹洞宗
葬儀は故人を偲び、讃えることであり、遺族をいたわり、慰めるために営まれるもの、とされていまる。曹洞宗の壇信徒用の葬儀儀礼は僧侶の葬儀法を簡略化して作られています。受戒と引導に中心が置かれています。曹洞宗においては坐禅による悟りによって仏性を自覚するところに信仰の中心があります。ただひたすら坐禅することによって釈尊の悟りに到達し、自己と大宇宙が一つになる即心是仏を説きます。従って、本来は生前に仏教徒として生きる為に受戒するのが当然ですが、それができなかった人にもこのを及ぼすために受戒し、引導によって悟り(仏の世界)に入らしめるのです。肉親の死により悲しみに陥っている遺族に、死者もまたこうして仏の慈悲により救済され、仏の世界に入られる事を儀式によいて示し、慰めを与えます。
曹洞宗の葬儀のやり方


日蓮宗
日蓮宗の葬儀は日、蓮上人の「法華経を信じ、南無妙法蓮華経の題目を受持する者は、必ず、霊山浄土に往詣することごできる」という言葉をよりどころにして営まれます。
死者(精霊)に対して、生死の二法を明らかにし、法華経信仰を通して釈尊、日蓮上人との関係における安心を説き、過去・現在・未来の三世にわたり法華経を護持することを勧め、霊山浄土への導きをなることに眼目があります。霊山浄土とは具体的にはインドの霊鷲山の事ですが信仰上は人々が法華経を受持するところを指します。

釈尊が今なおそこで法華経を講じている久遠実成の仏であるとの信仰から、本尊は久遠実成の本師釈迦牟尼仏とされています。その永遠の釈尊の慈悲と救いを示すのが大曼荼羅であり、これを法会の中心に本尊として掲げます。法華経の世界の再現が法会で、葬儀は最後の聞法修行の機会であるとも理解されるので、本尊が大切な位置を占めています。

神道


神社神道
神道の葬儀、神葬祭では、神棚と祖霊舎に帰幽したことを奉告し、病気平癒などの祈願をした神社があれば祈願を解きます。又産土神社にも帰幽の奉告をします。この様に神道は祖先を崇敬する信仰が基になっていて、始祖を氏神として崇敬し、祖先を自分たちの守り神として崇敬します。
人は死後、家族や親族を見守る霊となって祖先神の仲間入りをすると考えられ祖先から自分へ、自分から子孫へと永遠に「血」と「心」の連続を形成するのです。
従って神葬祭は、亡き人を先祖の所へ送り残された家族を見守って下さいと祈る意味があるのです。 *神葬祭は一定の規定がある訳ではなく地方の習慣の違いもあります。
神道の葬儀(神葬祭)のやり方


天理教
教理の中心は、「人間がいかに親神によって造られ育てられ守護されているかということへの感謝と報恩」におかれています。そして葬儀は悲しみのうちに御霊を親神(天理王命)のもとにもどり、残った亡骸を葬る儀式であると共にいつの日にか再び新しい身体を借りてこの世に出直して帰ってくることを願うものとすることが出来ます。
天理教の葬儀のやり方

キリスト教


カソリック(Catholic)
葬儀は、復活の恵みを皆で確認し神に感謝すること、キリストによって死者を神のみ手に委ね、キリストの再臨と死者の復活を待ち望んで祈ることを意味します。
(楽園においてアダムが犯した罪をキリストは自身の死によって償い人間を罪から開放した)


プロテスタント(Protestant)
葬儀の場は故人の冥福を祈ったり、故人の霊魂の安らぎを祈る慰霊の場ではなく遺体を前にして行う神への礼拝で葬儀を通じて神に一切を委ねます。
キリストの死と復活による恵みの証言が語られ、遺族に死を超えた希望が示され慰めが与えられます。


エホバの証人(Jehovah's Witnesses)
エホバの証人の葬儀は、悲しくとも死は復活までの一時的な別れと考えられていますので、儀式などの決まりはなく偶像崇拝などの神(エホバ)以外への崇拝行為に当たらなければ、故人や遺族の希望で行われます。
伝道の書 9:5:死んだ者には何の意識もなく,彼らはもはや報いを受けることもない。なぜなら,彼らの記憶は忘れ去られたからである。

*「エホバの証人」の方々向けの葬儀に関する小冊子が御座います。
 ご希望の方へは電話03-3328-0921までご連絡下さい。 →小冊子に付いて

無宗教

無宗教とは、ある特定の信仰する宗教を持たない事を意味します。しかし、人間は生まれて育ち経験を重ねる内に、其々の死生観を持つ様になります。死生観とはある意味、宗教の根幹です。無宗教とは、民族宗教である神道でもなく世界宗教である仏教やキリスト教でもなく、その人が持つ死生観、すなわち色々な影響を受けながら出来上がるその人の宗教と言えるのではないでしょうか?
ですから、無宗教での葬儀の意味も一人一人異なり一様ではない事だけは確かです。

「引用、参考文献」
浄土真宗本願寺派葬儀規範勤式集 本願寺出版社
曹洞宗行持規範 曹洞宗宗務庁
碑文谷 創 「葬儀概論」 2003 表現文化社
新訳聖書
先祖のまつり 神社本庁