鈴木葬儀社 手作りの葬儀なら鈴木葬儀社 代鈴
私どもはこんな会社です こんな事もしています 価格に関する考え方 葬儀に関する考察など 人体の死を科学します 悲しむ作業 葬儀に関する色々な情報
いのち

人は、生まれながらにして死すべき存在として、この世に生を受けます。

死は、別け隔てなく全ての人に訪れます。死を見つめる事は生を見つめる事は自身自身の人生を顧みることであり、また将来を考えることでもあります。

私達は、理性では理解していても殆どの方が真剣に考えていないと思います。いや、考えたくないのだと思います。それ故に、愛する方との別れの時に現実を突きつけられ、動揺するのだと思うのです。

愛する家族や友人を失い動揺するのは、人として当たり前の事だと思います。愛する方との別れに、心の準備が出来ている人など殆どいないはずです。

悲しむべき時に、おおいに悲しんで下さい。悲しむ事は大切です。しかし、又別の大切な事柄もあると思うのです。それは生きることの素晴らしさです。

いのち再び


葬儀の時、故人様は身を持っていのちの大切さ、素晴らしさを私達に教えてくれているのだと思うのです。何ものにも代えがたい、「いのち」の大切さを教えてくれているのです。

どうかその「いのち」の大切さを、親から子へ過去から未来へ連綿と続く「いのち」を、葬儀の時に感じて欲しいと思います。